押尾被告 懲役2年6ケ月

 押尾被告の裁判で昨日懲役2年6ケ月の判決が出ましたが、彼はそれを不服として即上告したみたいですね。

私は「たったの2年6ケ月、少なすぎる」と思ったのですが、皆さんはどお思いましたか?

テレビのコメンテーターの話だと、薬物使用の刑期がプラスされて合わせて4年になるので妥当という意見がありました。

それはあくまで薬物使用の1年6ケ月をプラスして考えれば妥当かもしれませんが、苦しんでいる人放置したに近い状態で死なせてしまったのに2年6ケ月は短いとしか思えません。

救急車を呼んでも、致死量にたっしていれば助からなかったかもしれませんが、医者でもない押尾被告にできたことは限られていると思います。

見殺しにしたつもりはない言われても見殺しにしたとしか思えません。
反省の気持ちがあるならせめて一言でいいから謝罪の言葉が聞きたいものです。

この裁判の報道をみるたびに、以前は元妻の矢田亜希子さんもMDMAを服用していたのでは?と思ってしまいます。(私が勝手に思っているだけです。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック